IPSコスメティックスで美しい人生を

解決!肌トラブル

IPSコスメティックスが扱っているIPSエッセンスは、肌が本来持っている自己回復機能を助け、
正常なターンオーバーと潤いのある肌を取り戻すことができるスキンケアアイテムです。

お肌に優しい

紫外線や老化により、肌細胞が堅くなったり新陳代謝の機能が衰え、シミやしわ、
たるみなどを招くことは良く知られていますが、IPSコスメティックスのスキンケアシリーズは、
いずれも天然成分由来の肌に優しい素材を組み合わせ、外部から肌に栄養を補うのではなく
肌の持っている力を取り戻すサポートをすることに力を注いでいます。

とてもシンプル
そのため、IPSコスメティックスのシリーズを止めたからといって、急に肌が衰えることはありませんし
使い続けるごとに肌がどんどん若返っていくことを実感できます。

 

IPSエッセンスは、夜、洗顔後に適量を肌にしみこませるだけという簡単なケアで、
睡眠中の肌の回復スピードを驚くほど速めます。


眠っている間は、肌が日中のダメージから回復し、新しい細胞を作り出す、肌にとって最も大切な時間です。


その時間にほんの一手間くわえるだけで、様々な肌トラブルを解決することができますし、
年齢や紫外線に負けない、健康で丈夫な肌を作ることができます。

 

ひと手間かけるだけで寝ている間に美肌に近づくなんて、楽ちんで嬉しいですね。
また、適切な時間に眠るということもお肌の活性化には非常に大切です。

日本で初めて作られた鉛原料のおしろい「はふに」

現代においてもおしろいは、歌舞伎役者や舞妓に使われていますが、日本には中国から持ち込まれ、713年に僧である観成によって、「はふに」という鉛を材料としたものが作られました。

その後、使用されていきますが、鉛中毒により、胃腸病や脳病、神経麻痺を引き起こし、死亡することも多くありました。
また使用した母親によって、胎児が死亡したり、重篤な障害が残るという事態も発生しました。 1934年には、鉛を使用したものの製造が禁止されましたが、鉛入りの方が美しく見えるので、まだかなりの需要がありました。

しかしその後、亜鉛華やマグネシウム、二酸化チタンなど数百種類に及ぶ原料に変えられ、安全性も確保されたため、おしろいという文化は、現代にまで続いています。
要約文日本においておしろいは、中国から持ち込まれ、「はふに」という鉛を原料としたものとして713年に国産化されました。

鉛中毒が問題となり材料は変化していきましたが、平安から現代に至るまでおしろいの文化は、日本にしっかりと根付いています。